部署紹介

看護部

荒尾こころの郷病院看護部では、病院理念である「思いやり医療」「トータルケア」「チーム医療」を基本姿勢として、患者様によりよい看護サービスを提供できるよう、常に思いやりの気持ちを持ち、より良い療養環境を提供できるよう日々邁進しています。

また、患者さんに笑顔で心のこもった看護を提供するためには、職員一人一人が、働きやすい環境がなければなりません。育児・介護と、個人のワークライフバランス支援を心がけた労働環境を目指しています。

看護部理念
患者様の生命と人権を尊重し、思いやりのある、心のこもった看護を実践します。
家族・地域・関係機関との連携を密にし、地域に密着した看護を推進します。
チーム医療の中で専門職としての役割と責任を果たします。
教育体制
院内教育システム

病院全体での各種委員会研修会、全体研修会、オンデマンド研修会、看護・介護技術研修会、看護部集合研修会等を年間計画表としています。個人でも参加する研修を選択し参加できるよう、様々な形式の研修会を開催しています。院外研修参加の機会も多く、個人の希望を優先して参加者を選定しています。様々な研修形態を導入することにより、自己研鑽や最新の情報が得られる機会としています。

研修に参加することでポイントが付与され、年間参加率上位10名には表彰と記念品があり、自己研鑽の大きな動機づけとなっています。

新人教育では、新卒、既卒問わずに担当の先輩職員が1年間サポート致します。仕事上の支援、相談を他のフタッフと共に行う、プリセプターシップ(新卒者向け)とチューター制度(既卒者向け)を導入しており、入職者個々に応じた充分な継続教育でフォローアップしていきます。

看護師の負担軽減及び処遇の改善計画
当院では、看護職員が専門職としての力の発揮が行えるよう、下記の取り組みを実施しています
1. 業務量の調整
・有給取得可能な勤務管理を行っています
・時間外労働が発生しないような業務量の調整を行っています
・患者必要度に応じた看護職員を配置し、負担軽減を図っています
2. 看護職員と他職種との業務分担
・薬剤師・リハビリ職種(作業療法士・リハビリ助手)・臨床検査技師・事務(労務・総務)・その他(委託業者)と連携を図り、業務分担を明確化しています
3. 看護補助者の配置
・主として事務的作業を行う看護補助者の配置を行っています
・看護補助者の夜間配置を行っています
4. 多様な勤務形態の導入
・正職員として、条件付きで働くことが可能な正職員2の制度を導入しています
・パート雇用者は、勤務時間の選択を可能としています
・早出、遅出専従者を配置し、複雑な勤務構成を少なくしています
5. 妊娠、子育て中、介護中の看護職員に対する配慮
・育児・介護休業等に関する内規を定め、夜勤の減免制度を導入しています
・法人内の託児所利用を可能としています
・育児短時間勤務制度を設けています
・半日、2時間単位での有給休暇取得を可能としています
看護部長 古林 美香
Copyright 2019 Arao Kokoronosato Hospital All Rights Reserved